FC2ブログ

ハプニング大賞の続きの続き

 13, 2010 15:52
※この記事は「ハプニング大賞の続き」の続きです。

メンズがケータイで呼んでくれたレスキューが、すぐに到着しました。

ストックなしのスキーです。

レスキューやるぐらいだから、相当上手いのでしょう。



状況とか、ワタシのスノボレベルとか聞かれた内容を説明すると、

下まで滑って降りることになりました。

滑ると言っても超急斜面なので、ビギナーのようにチビチビと木の葉な感じで。

とりあえず、

上のほうを向いて、レスキュー呼んでくれたメンズたちに

「ありがとうございましたーーーーーっ」

と叫んでから、降りる準備開始です。



まず、外した板をまた履きます。

ところが履くにもまた、カラダが滑ってしまったり、

履く向き(再び谷側のほうを向いて座った状態)だと、

板が斜面に上手く刺さりません(固定されません)。

するとレスキュー、

「(スノボの)板が流れないように、わたしが押さえてますから!」

と言って、自ら履いているスキーの板と手で、ガッチリ押さえてくれて

なんとか板を履くことができました。

「その正義感、たまら~ん♪」
※心のつぶやきです


で、立ち上がろうとすると、

やはり急斜面すぎて、斜面とエッジの角度がイマイチで、

エッジがうまく刺さりません。

板が滑って行ってしまう、そして、シリモチをついて、またお尻で滑り出してしまう。。

ゆ 「滑り出すと止まんないんですーーー」

レ 「だいじょーぶです! 常にワタシが真下にいるので、
   そうなったら止めますから 頑張って降りてくださーーい」


「これまた、なんて正義感のあるセリフ~♪♪」
※心のつぶやきです


レスキューに見守られ、降りるルートを指示してもらいながら、

ビビりまくりながらも、なんとか無事に滑走禁止エリアの急斜面を脱出。

コースに戻ることができました!

ゆ 「ご迷惑おかけしました。。 ありがとうございました!」

レ 「はーい 気をつけてくださいねー」

レスキューは、シューっと姿を消していきました。

この方もまた、白馬に乗った王子さま、いや、正義の味方に見えて

仕方ありませんでした(笑)。

そんな余韻に浸っている(?)と、ちょうど連れの姿を発見!
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?